Web検証ツール/サービスおすすめ7
公開日:2024/05/15

ロービジョンとは?ウェブ利用環境から見るアクセシビリティのポイント

ロービジョン

インターネットは、情報へのアクセスやコミュニケーションの手段として不可欠ですが、ロービジョン(低視力)の人々にとっては、いくつかの課題があります。本記事では、ロービジョンとは何か、ロービジョン(低視力)の人々が直面する課題、そしてウェブデザイナーの課題に対する対処について解説いたします。

ロービジョンとは?

ロービジョンは、メガネやコンタクトレンズで矯正しても十分な視力が得られない状態です。日本では、視覚障害者の約60%以上がこのカテゴリーに分類されています。

この状態は日常生活にさまざまな影響をおよぼし、とくにデジタルデバイスの利用において大きな課題となります。ロービジョンの人々は、ぼやける、まぶしい、暗い、視野狭窄、中心暗点などのさまざまな見え方を経験します。

ロービジョンの問題は、単に視力の低下以上のものです。この状態は、日常生活のあらゆる側面に影響をおよぼし、とくに現代のデジタル化された社会において、多くの挑戦をもたらします

ロービジョンの人々が経験する視覚の問題は、それぞれ異なり、個々のニーズに合わせた対策が必要です。ぼやけた視界や視野の狭さは、日常生活において基本的な課題を生じさせます。

たとえば、読書、ショッピング、料理、または公共の場所での移動など、日々の活動が難しくなります。さらに、交通機関の利用や安全な道の渡り方など、外出時の課題も増加するでしょう。

これらの活動は、視覚障害者にとって重要な自立の一部であり、ロービジョンがこれらの独立性に影響をおよぼすことは、生活の質の低下を意味します。デジタルデバイスの利用においても、ロービジョンの人々は特別な困難に直面します。

スマートフォン、コンピュータ、タブレットなどのデバイスは、日常生活に不可欠なツールとなっていますが、これらのデバイスの画面は視覚情報を大量に含んでおり、ロービジョンの人にとっては読み取りが困難です。

テキストの小ささ、画面の明るさ、色のコントラストなどが、これらのデバイスの使用を難しくしているのです。これに加えて、ロービジョンは精神的および感情的な影響もおよぼします。

視覚障害はしばしば孤立感や自己効力感の低下を引き起こし、これはとくに社会参加や職場での活動において大きな影響をおよぼします。自己独立と自己効力感は、ロービジョンの人々の生活の質に直接関連しており、これらを支援する適切なサポートが必要です。

対策としては、ロービジョンの人々に対する社会的な認識の向上が重要です。また、彼らが直面する課題を理解し、適切な支援の提供も必要でしょう。

視覚障害者に対する包括的なサポートサービスの提供、アクセシブルなテクノロジーの開発、そして公共スペースのアクセシビリティ向上は、ロービジョンの人々がより独立し、充実した生活を送るために不可欠です。

また、ロービジョンの人々自身が彼らの状況を最適に管理するための教育とトレーニングも重要です。視覚障害者に特化したリハビリテーションプログラムや、アシスティブテクノロジーの使用法を学ぶことは、彼らの日常生活を改善する大きな助けとなります。これにより、彼らは自身の能力を最大限に発揮し、より自立した生活を送ることが可能になります。

ロービジョンの人々とウェブ利用における課題と解決策

ロービジョンをもつ人々は、ウェブサイトやアプリケーションを利用する際に多くの課題に直面します。通常の視力ではないため、テキストのサイズや色、コントラストの調整が必要です。

課題は、多くの場合、ウェブサイトやアプリケーションの設計において十分に考慮されていないために生じます。たとえば、テキストの読みやすさは、フォントのサイズ、スタイル、色彩のコントラストに大きく依存します。ロービジョンのユーザーにとっては、これらの要素が不適切である場合、情報を理解することが困難となるのです。

さらに、複雑なレイアウトや動的なコンテンツも、ロービジョンのユーザーにとっては使いづらいことが多いです。これには、動きの速い画像や動画、ポップアップ、オーバーレイ、ドロップダウンメニューなどが含まれます。

これらの要素は、とくに視覚情報の処理に制限がある場合、大きな障害となり得るのです。このような課題に対処するための解決策があります。ウェブデザインの基本原則として、シンプルさ、明瞭さ、そして直感的なナビゲーションが重要です。

たとえば、テキストと背景の間の十分なコントラストを確保し、フォントサイズの調整可能性を提供することが、読みやすさを大幅に改善します。また、画像や動画には、代替テキストの提供で、視覚情報の欠如を補うことが可能です。

アクセシビリティに配慮したウェブ設計は、単に障害をもつ人々だけでなく、すべてのユーザーにとってよりよいウェブ体験を実現します。たとえば、明瞭でシンプルなレイアウトは、高齢者や非ネイティブスピーカーにも利用しやすいです。

さらに、テキストサイズの調整機能や、コントラストの高い色彩設計は、屋外や明るい場所でモバイルデバイスを使用する際にも役立ちます。ロービジョンのユーザーは、ウェブとの相互作用において多くの課題に直面していますが、技術の進歩と適切なデザインの適用により、これらの課題の克服が可能です。

ウェブデザイナーと開発者には、これらの課題に敏感であり、アクセシブルなウェブ空間を設計する責任があります。その結果、ロービジョンを含むすべての人々が、より快適で生産的なデジタル体験を体験できるようになるのです。

ロービジョンに配慮したウェブアクセシビリティのポイント

ウェブアクセシビリティは、ロービジョンをもつ人々にとってとくに重要です。ウェブサイトやアプリケーションのデザインは、彼らが直面する課題を理解し、それに対応する必要があります。

これには、ユーザーがテキストのサイズを調整できるようにする、色のコントラストを高める、複雑なマウス操作を要求しない設計などが含まれます。また、アクセシビリティは、ウェブサイトの制作時に固定された文字サイズや色を避け、ユーザーカスタマイズを可能にすることも重要です。

ウェブアクセシビリティの重要性は、単に機能的な側面にとどまらず、情報への平等なアクセスを保証するという社会的な責任を果たすことにもつながります。ロービジョンをもつ人々にとって、ウェブサイトやアプリケーションは、日々の情報収集、コミュニケーション、教育、エンターテインメントの手段です。

これらにアクセスができることは、彼らの社会参加において不可欠です。アクセシビリティを高めるための具体的なデザイン戦略としては、まず、視覚的な要素の単純化が挙げられます。複雑なレイアウトや多用されるグラフィックは、ロービジョンのユーザーにとって理解しにくく、使いづらいものです。

シンプルで直感的なデザインは、すべてのユーザーにとって利用しやすいウェブ環境を作り出します。さらに、色の使用にも注意が必要です。高いコントラストと色盲の人々も考慮した色彩設計は、テキストや重要な情報が視認しやすくなります。

また、背景色とテキスト色の適切な組み合わせは、読みやすさを大幅に改善します。ウェブデザインにおいては、拡大可能なテキストや画像、レスポンシブデザインの採用も重要です。これにより、ユーザーは自分のデバイスや視力の条件に合わせて、ウェブページの表示をカスタマイズできます。

また、キーボードだけでのナビゲーションのサポートも、マウスやタッチスクリーンの操作が難しいユーザーにとっては重要な配慮です。ウェブコンテンツのアクセシビリティを高めるためには、代替テキストや音声読み上げのサポートも不可欠です。

画像やグラフィックに代替テキストを提供することで、視覚情報がテキスト情報として伝達され、スクリーンリーダーを利用するユーザーにもアクセス可能になります。さらに、ウェブアクセシビリティは、ウェブサイトのユーザビリティを全体的に向上させることにもつながります。

アクセシブルなデザインは、高齢者や一時的な障害をもつユーザー、さらには技術的な知識が少ないユーザーにも利便性をもたらすでしょう。このように、アクセシビリティの向上は、特定のグループだけでなく、すべてのユーザーにメリットをもたらすものです。

そのため、ウェブデザイナーと開発者は、ロービジョンのユーザーが直面する特有の課題を理解し、これを踏まえたデザインの実践を心がけることが求められます。

国際的なウェブアクセシビリティ基準にしたがうことは、この目標達成のための重要な一歩です。アクセシブルなウェブデザインは、単に法的な要件を満たすだけでなく、より包括的で公正なデジタル世界を実現するための基礎となります。

まとめ

ロービジョンの人々は、ウェブサイトやアプリケーションの利用に際して、多様な課題に直面しています。これには、テキストの読みやすさ、色のコントラスト、複雑なナビゲーション、などが含まれます。これらの課題は、適切な技術とデザインの選択により、大幅に緩和または解消が可能です。ウェブデザイナーと開発者には、課題に対してアクセシビリティを設計をすることで、視覚的な要素の単純化、色のコントラストの最適化、テキストサイズの調整機能を向上させられます。また、ユーザーが自分のニーズに合わせてウェブサイトをカスタマイズできるようにすることも重要です。これにより、すべての人々がデジタル世界を最大限に活用できるようになり、情報へのアクセスがより平等かつ簡単になります。この記事を参考に、Webデザイナーを目指してみてはいかがでしょうか

【その他】Web検証ツール/サービス

おすすめのWeb検証ツール/サービス7選!比較表

イメージ






サービス名Zig-Zag(ジグザグ)Siteimprove(サイトインプルーブ)インフォ・クリエイツEGテスティングサービススタジオ エスアンドシーミツエーリンクスインフォアクシア
特徴Webサイト制作を効率よく進め、人的コストを軽減できるWeb検証ツール最適なコンテンツで品質向上につなげるWebサイト品質管理ツールウェブアクセシビリティ推進で、情報バリアフリーを実現するサービス充実したテスト内容と経験豊富なスタッフで高品質なサービスを提供専門的な知識を持ったスタッフによる、Webサイトのサポートが受けられる継続的改善を実現するプラットフォーム構築から運用までをサポートするウェブアクセシビリティに関するコンサルティング全般を請け負い、企業を支援
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら